大宮ハローワークで「人間の生き方」学ぶ

大宮ハローワークで「人間の生き方」学ぶ

今年も、9月15日〈土〉に大宮ハローワークが行われました。26職種の講師においでいただき、仕事や人生について熱く語っていただきました。


昨年度の大学卒業生の22.3%がニートかフリーターという厳しい状況の中、少しでも生徒たちの人生の指針になればと企画されたものです。学習委員会では、身近な大人から話を聞くことが大切と考え、まずは、大宮高校の保護者やOB・OGから講師をお願いしていきました。みなさん各界の第一線で活躍されていて多忙な方たちばかりですが、快く引き受けてくださいました。学習委員会のメンバーも、その心意気に応えようと、講師の方と連絡を取り合いながら準備を重ねてきました。


当日は、それぞれの講師の方が、パワーポイントや手作りの資料を用意されて、生徒たちの目線に立ち、熱く丁寧にお話をしてくださいました。一人たった2講座しか選べず、生徒たちにはたいへん申し訳なかったのですが、どの講座でも、真剣な表情で食い入るように話を聴いている生徒たちの姿が見られました。

終了後の生徒の感想です。「いくつかの選択肢の一つとして受けた講座だったが、お話を聴いてその職業に就きたいと強く思った。本気でめざそうと思う。」「一つの職業としての話だけでなく、「人生の生き方」も学ぶことができた。‘自分を持って‘生きたいと思った。」


生徒たちにとっては、身近な大人へあこがれをもって、将来への道筋を考える機会になったと思います。ご協力いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。


category:新着情報category:高校関連 2012.10.25(木)