「よんしゃい」の記事が宮日新聞に掲載されました。

「よんしゃい」の記事が宮日新聞に掲載されました。

 平成28年10月25日付の宮崎日日新聞朝刊第20面の「老舗の記憶」という特集の栄えある第1回目に、石橋茂氏(大宮16回卒)が経営されているおでん屋「よんしゃい」の記事が掲載されました。
 「よんしゃい」は、60年近い歴史があるニシタチの老舗おでん屋さんです。筆者は、石橋氏の人柄と落ち着けるお店の雰囲気が大好きで、これまで何度もお店に通っています。
 弦月同窓会員の皆様も是非、お店に足を運んで頂き、美味しいおでんをご賞味ください。
 なお、人気店につき、行かれる際には予約をした方が良いかと思います。
 記事の詳細については、新聞紙面をご覧ください。


category:宮崎の動き 2016.10.27(木)
ページ先頭へ