川﨑繁男氏の記事が宮日新聞に掲載されました。

川﨑繁男氏の記事が宮日新聞に掲載されました。

 平成29年11月27日(月)付の宮崎日日新聞朝刊第21面の「おーい宮崎人」特集に、川﨑繁男氏(大宮26回卒)の記事が掲載されました。
 川﨑氏は、宮崎大宮高校、早稲田大学大学院を卒業され、防衛庁(現:防衛省)で研究職として勤務された後テキサス大などへの留学等を経て、2008年からJAXA(宇宙航空研究開発機構)で教授を務められています。
 川﨑氏は、「宮崎の学校から依頼があれば講演に行きたい。多くの若者が宇宙に携わってほしい」と言われております。
 記事の詳細については、新聞紙面をご覧ください。

 category:宮崎の動きcategory:新着情報 2017.11.27(月)

平成29年度 大宮ハローワークが開催されました

 平成29年9月30日(土)に、PTA主催で「平成29年度 大宮ハローワーク」が開催されました。
 大宮ハローワークとは、様々な職業で活躍されている方々が、その仕事の内容や職業観・勤労観などを講座制により現役大宮高校1・2年生へお話するという企画です。
 当日は、卒業生である弦月同窓会員24名の講師が集まり、生徒たちへ講義を行いました。
 今回の講師の一人である第46回卒の田原元気氏へインタビューを行いましたので、ご覧下さい。また、そのほかの講師の講義風景もご覧下さい。

①講師インタビュー内容
 氏名:田原元気氏
 卒回:大宮46回卒
 職業:一級建築士

ご質問1:
 本日の講義の内容を簡潔にお答えください。

ご回答1: 
  建築意匠設計の仕事とは。
子どもの頃の夢や学生時代の過ごし方について、お話した上で、現在の 仕事である建築意匠設計について、実際に設計した事例を元にお話ししました。
デザインとはどのように構築するものか、相手に伝わるデザインを心掛けていること等をテーマとしました。
 
ご質問2:
  高校時代で1番思い出は何でしょうか?またのその理由を教えてください。

ご回答2:
  ラグビー部に所属し、仲間とともに汗を流し、喜びを分かち合えたことです。

ご質問3:
  最後に、現役の大宮高校生に何かアドバイスをお願いします。

ご回答3:
  勉強は授業中に完結させること。高校生活は部活や遊びに忙しいので、自宅で勉強するにも集中力が持続しないと思います。学校で集中して授業を聞き、その場で理解できるようにして、なるべく持ち帰らないようにしましょう。大学入学が目的ではありません。人生はこれから。すべての経験がその後の生活に生きていきます。情熱を持っていろんなことに取り組みましょう。


田原元気氏(職業:一級建築士)の講義の状況(写真)


平林泰三氏(職業:ラグビープロレフェリー)の講義の状況(写真)


金丸祥子氏(職業:弁護士)の講義の状況(写真)

    

 category:新着情報category:高校関連 2017.10.03(火)

東京六大学オールスターゲームで大宮生が活躍しました。

 「東京六大学野球オールスターゲームIN宮崎」では、大宮高校吹奏楽部が一塁側、三塁側に分かれて東京六大学各校の「第一応援歌」、「チャンスパターンメドレー」を演奏しました。
 8月1日に慶應義塾大学應援指導部から2名の大学生が指導のため大宮高校を訪れました。大学野球の吹奏楽演奏は、試合の展開によって指揮者から出る指示どおりに曲を頻繁に切り替えて演奏しなければならないという大変難しい演奏です。約3時間の練習でしたが、熱心な指導を受け、大学野球の応援演奏の感触をつかみました。その後夏休み中に猛練習を行ない、当日は炎天下のアイビースタジアムの応援席で、大学生に引けを取らない神宮球場さながらのすばらしい演奏を行ないました。
 また野球部生は、入場券の切符切り、ボールボーイ、ファールボール注意の笛吹き係など、裏方として東京六大学スター選手の熱戦を支えました。

 category:新着情報category:高校関連 2017.09.20(水)

六大学オールスターゲームで、早大の清水君(66回卒)にお話を聞きました。

 8月26日(土)にアイビースタジアムで、「東京六大学野球オールスターゲームIN宮崎」が開催されました。
 東京六大学(立教、早稲田、慶應義塾、明治、法政、東京)の6校が2チームに分かれ、選抜選手によるドリームチームで戦うオールスター戦が九州で初開催されました。今回は、春季リーグ戦での順位結果をもとに、1位、4位、5位の立教、早稲田、明治選抜と、2位、3位、6位の慶應義塾、法政、東京選抜がそれぞれチームを編成し、公募によるチーム名、SUNフェニックス対OCEANブーゲンビリアよる熱戦が繰り広げられました。本校出身の早稲田大学・清水陸夫選手も出場し6回に登板、打者3人を続けて打ち取り、華麗なピッチングを披露しました。
 清水君は3兄弟の真ん中、お兄様は大宮61回、弟さんは現在大宮3年生、3人とも大宮野球部で活躍されました。

弦月同窓会では球場で清水君にお話をお聞きしました。

【自己紹介をお願いします】
 早稲田大学人間科学部4年の清水陸夫です。
 身長は182㎝、体重は85㎏です。

【リーグ戦について】
 4年の春のリーグ戦で初登板しました。対明治戦です。
 打たれて悔しい結果となりましたが、いままでやってきたことを出すためのよい機会になったと思います。
 大学時代磨いてきたストレートという球種を見せたい。

【大宮高校を選んだのは?】
 一番大きな理由は兄が通っていたということ。
 私立の学校でレギュラーとして試合に出られる自信もなかったし・・・。

【早稲田を選んだのは?】
 高校3年生の春に東京六大学野球リーグ戦を見に行って(法政・慶應戦)、見たこともない華やかなこんなところ(神宮球場)で野球ができたら幸せだろうなという思いからです。(大宮高校に早稲田の)指定校推薦(枠)もあって、先生方のご協力(ご指導)もあって、(早稲田大学に)行かせてもらいました。

【早稲田大学の魅力はどのようなところですか?】
全国からすごい選手が集まっているのはかなりの魅力です。大宮高校では体感することのできなかったレベルの高さを常に感じます。4年生になった今でも、下級生からも同級生からもそうやってプレッシャーをかけられる毎日です。

【東京六大学野球の魅力は?】
 長い歴史を持っている、全国の大学野球のリーグから見てもトップクラスのリーグで、早稲田と同様どのチームにもトップクラスの選手が集まっていて、プロ顔負けぐらいの(高い)レベルがあるリーグなので、そこはかなりの魅力があります。

【勉強と野球の両立はどうでしたか?】
 かなり大変です。正直、成績の面に関しては誇れるものはなかったけど、学校のテストだけは頑張ったことがよかったと思います。

【最後に、大宮高校の後輩たちへアドバイスをお願いします】
 どの大学に進むにしても、自分の目指す目標だったり目的を持ってしっかりと夢に向かって道筋を立てて、プロセスを考えてやっていくことが大切。どのような場所に行っても成功できるように、そのような志を持って頑張ってください。

 (ありがとうございました)

 

 category:同窓会関連 2017.09.19(火)

創立129周年弦月同窓会総会・懇親会のお知らせ

創立129周年 弦月同窓会(総会・懇親会)

日時:平成29年11月17日(金)  受付18:00 総会18:30 懇親会19:00
場所:宮崎観光ホテル 東館3階「光耀の間」
会費:5,000円(各期の同窓会理事よりチケットをお求めください)

【実行委員長ご挨拶】
 弦月同窓会会員の皆様におかれましては、時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。この度、創立129周年弦月同窓会総会・懇親会の実行委員長を拝命致しました、第57回卒の八反田 祐輔(はったんだ ゆうすけ)と申します。

 本年は、上記日程にて弦月同窓会総会・懇親会を開催させていただきます。例年に劣らぬ盛会となるよう、実行委員会一同、一丸となって準備を進めておりますので、多数の皆様にご出席賜りますようお願い申し上げます。
 なお、チケットにつきましては、各学年理事の方に販売をお願い致して参りますので、是非お早めにご購入下さいますよう、併せてお願い申し上げます。
 また、「自分の学年の理事がだれかわからない」「理事の人を知らない」との方は、下記の弦月同窓会事務局、もしくは実行委員にお問い合わせください。

【弦月同窓会事務局】
〒880-0056 宮崎市神宮東1丁目3番10号 宮崎大宮高校内  電話0985(24)0038
事務局勤務時間(月・水・金の13:00~16:00)

創立129周年弦月同窓会 実行委員会一同

 category:同窓会関連category:新着情報 2017.07.12(水)
ページ先頭へ