令和2年度弦月同窓会入会式が行われました。

令和2年度弦月同窓会入会式が行われました。

  令和3年2月28日(日)、宮崎大宮高校体育館にて、令和2年度弦月同窓会入会式が行われました。
 今年度は普通科と文科情報科の生徒あわせて346名が新たに弦月同窓会の仲間になりました。
 式では、弦月同窓会の内藤会長から挨拶があった後、生徒代表の荒武千紘さんに卒業記念品が授与されました。
 続いて、入会者を代表して明松英伸さんが挨拶を行いました。
 内藤会長からの挨拶と、入会者代表挨拶をご紹介いたします。

■会長挨拶
 目には全く見えない人類をおびやかしている、新型コロナウイルスの発生から一年が過ぎ、未だ明るい兆しが全く見えない毎日です。
 日本を代表する花、梅の花、桜の花が世界のこのコロナ禍を全く知らずに、今年も開花しようとしています。そうです、梅の花も、桜の花も2月3月は日本の伝統的な学校行事である、卒業式、入学式を豪華に祝福してくれる愛される花です。
 しかし、現実を見てみる時、社会は大きなコロナ禍の真っ最中です。皆さんは、特にこの1年間、大変な状況の中で学校生活を送ってこられました。高校生活の最高の充実した3年生として、大きな夢を持ち、その実現に向かって3年生になりましたが、その1年間は、学業生活も閉ざされ、高校生活最後の楽しみの体育祭、文化祭、部活動等大きな制限の中で過ごされてきました。
 さらに、大学入試、就職活動等、大変な苦労の中でチャレンジされました。誠に、従来の3年生が味わうことがなかった不利な状況の中で、明日の卒業式を迎えることになりました。
 ベートーベンは世界最高の作曲家として、「第9交響曲」を作り、世界中の人々から愛され、今でも世界中で作品が演奏されています。ご存じの通り「合唱付き」として、第4楽章は声高らかに歌われます。「悩みを貫きて歓喜を知ろう!」この演奏に、多くの人が勇気づけられています。苦しい現実を乗り越えるためには、人間が持っているチャレンジ精神と創意工夫こそが大切です。世界中の医療関係者をはじめ、生活の営みをしているあらゆる職業の人々が、もがきながらも頑張っています。阪神・淡路大震災、そして東日本大震災は、果たして日本は立ち上がれるのか、大きな不安の連続でした。しかし、地元の方々の努力と、日本は一つという協力精神が、その後の復興への道を開こうとしています。そのような復興への推進力となったのが、高校生を中心とした若者の力でした。高校生が、自分たちも苦しいのに、明るく、高らかな合唱をする光景でした。そして積極的に動くボランティア活動であったと聞いています。若い人の持っている力は、私ども高齢者にはない「生きる力」を社会に与えてくれます。
 大学入学共通テストの問題が、新聞紙上に大きく、全面的に、そして拡大鏡で見ないとわからない活字で掲載されていました。まったく理解ができない私ですが、昔と違って、ただ単なる知識を問うのではなく、知識の上に、思考力、判断力、表現力を問う問題であったと思います。英語ではLINEでの対話の場面も問われていたようです。時の流れに積極的にチャレンジしていく勇気も必要だなあと思うことでした。このような共通テスト問題に、全教科チャレンジしていく皆様を、改めて尊敬し、「若さ」という今でなくては味わえない財産を大切にし、このコロナ禍での社会を生き抜いてほしいと思います。
 宮崎大宮高等学校弦月同窓会は、宮崎県内では最大で、最も伝統のある同窓会です。会員は全国にまたがり、5万人を有する、全国でも有数の同窓会です。
明日、皆様は卒業します。それぞれの進路に別れていき、新しい人生のスタートを切ります。宮崎大宮高等学校で学んだ経験は、どの進路に進まれようとも、貴重な財産として生きてきます。
 社会に出て、全く未知のところで、ふと宮崎県出身のある人に出会います。「あなた出身は?」「宮崎県です」「高校は?」「宮崎大宮高校です」「あっそう!私もですよ!」この言葉が出てきたとたんに、未知であったその人とあなたとの関係はぐっと近づき、親しみが出てきます。これこそが、同窓会の良さであるのではないでしょうか。月刊雑誌の「文藝春秋」に「同窓会交歓」という伝統的な写真記事があります。そのほとんどが高校時代の交歓のようで、社会に出ても、高校時代の3年間の思い出は最高のようです。
 今までのどの卒業生よりも、コロナ禍の中での高校生活を過ごされたことは、苦労があったからこそ、密度の濃ゆい思い出になることでしょう。
 心から、皆様の宮崎大宮高等学校弦月同窓会への入会を歓迎したします!

令和3年2月28日
宮崎大宮高等学校弦月同窓会
会長 内藤 泰夫

■入会者代表挨拶
 私たち第73回卒業生の同窓会入会に際しまして、心強いお言葉をいただき、ありがとうございました。
 明日、私たちは、この宮崎大宮高等学校を卒業し、弦月同窓会の仲間入りをさせていただきます。長い伝統を持つ弦月同窓会の一員になれますことを、心より嬉しく思います。
 思い起こせば、3年前の春。私たちは、大宮生の一員となった喜びと誇りを胸に入学式を迎えました。あの日から今日までの3年間は、宮崎大宮でなければ味わえなかった感動と、達成感のある毎日でした。生徒の自主性を重んじ、信頼して様々なことを任せてくださった先生方の温かなご指導に感謝しています。また、大宮での貴重な3年間の思い出を共有できる仲間に出会えたことにも、感謝と喜びを感じています。
 さて、高校生活最後となるこの1年は、新型コロナウイルスの流行により、様々な場面で「新しい日常」への対応を求められてきました。これからの社会においては、想定外の事態にどのように対応していくか、このことを常に考えていかなくてはなりません。ますます柔軟な対応力が求められることでしょう。未知の問題や予測できない局面に遭遇したときに重要なことは、自ら問題に向き合い、解決の糸口を探り、実行していく力だと思います。私たちは、大宮の校是である「自主・自律」の精神が育まれています。自主・自律の精神を持つ私たちは、周りの環境に対して受け身の姿勢で日々を過ごすのではなく、自ら考えて行動を起こし、新たな自分らしさを創り出す力があると自負しています。きっとこの1年の経験をプラスに変えてみせます。
 この歴史ある宮崎大宮高等学校で学んだこと、そして弦月同窓会の先輩方が受け継いでこられた伝統を道標に、志を高く持って努力することをお誓いして、同窓会入会の挨拶と致します。

令和3年2月28日
第73回卒業生代表
明松英伸

 category:同窓会関連category:新着情報 2021.03.01(月)

佐藤晃氏(32回卒)大賞受賞及び第1回みやざき総合美術展のご案内

佐藤晃氏大賞受賞及び第1回みやざき総合美術展のご案内

 category:宮崎の動き 2021.02.15(月)

特別展「若山牧水」~引っ越しとスペイン風邪と『くろ土』と~のご案内

 歌人若山牧水が東京から上香貫(現在の静岡県沼津市)へ引っ越してからちょうど100年、その転居に関する書簡や写真を紹介するとともに、その頃に流行ったスペイン風邪関連の書簡や短歌、また、当時編集中だった第13歌集『くろ土』の中から小林邦雄氏(9回卒)コレクションに含まれる牧水の遺墨などが展示される「特別展「若山牧水」~引っ越しとスペイン風邪と『くろ土』と~」が宮崎県立図書館で開催されています。
 期間は、令和2年11月21日(土)~12月20日(日)までの午前9時~午後5時まで(休館日は11月24日(火)、11月30日(月)、12月7日(月)、12月14日(月))、入場は無料、会場は2階の特別展示室となっています。
 弦月同窓会員で興味のある方は、是非足をお運びください。

 category:宮崎の動きcategory:新着情報 2020.12.10(木)

現代っ子センター 秋の展覧会のご案内

 藤野忠利氏(8回卒)の作品や現代っ子センターの会員の作品が展示される「現代っ子センター 秋の展覧会」が宮崎県立美術館で開催されます。
 期間は、令和2年10月7日(水)~11日(日)までの午前10時~午後18時まで(入館は17時30分まで。最終日は15時まで)、入場は無料となっています。
 弦月同窓会員で興味のある方は、是非足をお運びください。

 category:宮崎の動き 2020.10.02(金)

陶芸家・美術家の髙森暁夫氏(大宮21回卒)個展の御案内

延岡市出身で、米国を拠点に活躍した陶芸作家、故高森暁夫氏(1950年~2017年)の個展が23日まで同市伊達町の「ギャラリーわかな」で開かれております。
同窓会員の皆様は、機会があれば是非、髙森暁夫氏の作品をご覧下さい。

 category:宮崎の動きcategory:新着情報 2020.08.22(土)
ページ先頭へ